トップページ > プロモーション事業 > Bishu Material Exhibition

プロモーション事業


2022/23 Autumn&Winter Bishu Material Exhibition開催レポート


会期 令和3年10月5日(火)~7日(木)
<開催時間>
10月5日 13:00~18:00
  6日 9:30~18:00
  7日 9:30~17:00
(最終入場は各日会期終了時刻の 30分前)
会場 アキバ・スクエア
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX2F
Tel:090-6356-0436(会期中のみ)

  


展覧会の様子




会期3日間で814名(うちオンライン展示会来場者は225名)が来場、1社平均419点のサンプルリクエスト

 公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター(以下、「FDC」)は、10月5日から7日までの3日間、「2022/23 Autumn&Winter Bishu Material Exhibition(以下、「BME」)」を東京都千代田区外神田のアキバ・スクエアで開催した。22回目となる今回のBMEには尾州産地のテキスタイルメーカー11社が参加し、約700点の新作とFDCが提携しているパリのネリーロディ社のトレンド情報を基に製作した開発素材約140点を展示して商談を進めた。今回は非接触による受付方法としてDMに印刷されたQRコードを読み込む方法(DM以外の方は名刺による受付)とし、また、前回(4月)のBMEに続き、来場できない層をターゲットとした「Bishu Material Exhibition Online」を同時開催した。
会期中の来場者は814名(リアルおよびオンライン展示会来場者数)となり、昨年の秋冬展の1,166名の約7割となった。リアル展示会の来場者数は589人となったものの、出展企業からは、素材をリアルに見てもらえたことにより、実りのある商談が行えたとの声が聞かれた。出展企業11社の合計サンプルリクエスト点数は延べ4,612点で、社数では延べ783社となった。各社共通の傾向としては、再生原料をはじめとしたサステナブル(持続可能)な生地が多く並び、環境配慮を意識したものとなった。 今回新たな取り組みとして「尾州PRコーナー」を設け、尾州マークの認証を受けた紳士・婦人服、一宮市公立中学校新制服などを紹介した。 会場では、前回同様受付の非接触化をはじめ様々な感染防止策を行うことにより、ウィズコロナの時代に合わせた形で、尾州産地を広くPRできたのではないかと考えている。

<第22回 2022/23 SS BMEの来場者の内訳>
アパレル 小売 商社・問屋 その他 オンライン
1日目 40名 3名 39名 26名 96名 204名
2日目 49名 6名 101名 40名 77名 273名
3日目 107名 5名 126名 47名 52名 337名
196名 14名 266名 113名 225名 814名
24.1% 1.7% 32.7% 13.9% 27.6% 100.00%

<第22回 BMEのサンプルリクエスト状況>
アパレル 小売 商社・問屋 その他
社数 点数 社数 点数 社数 点数 社数 点数 社数 点数
1日目 61 278 22 135 57 319 0 0 140 741
2日目 98 479 14 60 134 765 0 0 246 1,304
3日目 172 891 7 45 214 1,616 4 15 397 2,567
331 1,657 43 240 405 2,700 4 15 783 4,612


開催レポート

 BME開催レポートダウンロード


Bishu Material Exhibition出展企業(11社) 

 出展企業一覧.pdf

お問い合わせ先

(公財)一宮地場産業ファッションデザインセンター
一宮市大和町馬引字南正亀4-1
TEL:0586-46-1361 FAX:0586-44-7455
土日祝を除く 9:00~17:00