トップページ > プロモーション事業 > Bishu Material Exhibition

プロモーション事業

2021/22 Autumn&Winter Bishu Material Exhibition開催レポート



会期 令和2年9月29日(火)~10月1日(木)
<開催時間>
9月29日 13:00~18:00
9月30日 9:30~18:00
10月1日 9:30~16:00
(最終入場は各日会期終了時刻の 30分前)
会場 アキバ・スクエア
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX2F
Tel:090-6356-0436(会期中のみ)



展覧会の様子




会期3日間で1,166名が来場、1社平均542点のサンプルリクエスト

 公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター(以下、「FDC」)は、9月29日から10月1日までの3日間、「2021/22 Autumn & Winter Bishu Material Exhibition(以下、「BME」)」を東京都千代田区外神田のアキバ・スクエアで開催した。20回目となる今回のBMEには尾州産地のテキスタイルメーカー11社が参加し、約750点の新作とFDCが提携しているネリーロディ社のトレンド情報を基に製作した開発素材130点を展示して商談を進めた。今回はこれらに加え、新型コロナウイルスの影響で来場できない層をターゲットとした「Bishu Material Exhibition Online」を同時開催した。
 会期中の来場者は1,166名(リアルおよびオンライン展示会来場者数)となり、前回秋冬展の1,554名よりは少ないものの1,000名を超える来場者があった。リアル展示会の来場者数は706人にとどまったものの、コロナ禍になってから初の合同展示会で出展企業からは実りのある商談が行えたとの声が聞かれた。BME11社の合計サンプルリクエスト点数は延べ5,963点で、社数では延べ854社となった。人気素材の傾向としては、イージーケア素材やリサイクルウールを使用したものが多かった。
 「Bishu Material Exhibition Online」は大変好評で、来場者の4割近くがオンライン上での来場者であった。アキバ・スクエアでの展示も、受付の非接触化をはじめ様々な感染防止策を行った。これらのことから、ウィズコロナの時代に合わせた形で、尾州産地を広くPRできたのではないかと考えている。

<第20回 2021/22 AW BMEの来場者の内訳>
アパレル 小売 商社・問屋 その他 オンライン
1日目 77名 5名 57名 25名 188名 352名
2日目 83名 8名 134名 48名 160名 433名
3日目 123名 7名 118名 21名 112名 381名
283名 20名 309名 94名 460名 1,166名
24.30% 1.70% 26.50% 8.00% 39.50% 100.00%

<第20回 BMEのサンプルリクエスト状況>
アパレル 小売 商社・問屋 その他
社数 点数 社数 点数 社数 点数 社数 点数 社数 点数
1日目 91 578 5 28 70 480 1 2 167 1,088
2日目 159 1,071 16 121 158 1,232 0 0 333 2,424
3日目 167 1,167 26 175 161 1,109 0 0 354 2,451
417 2,816 47 324 389 2,821 1 2 854 5,963


開催レポート

 BME開催レポートダウンロード


Bishu Material Exhibition出展企業(11社) 

 出展企業一覧.pdf

お問い合わせ先

(公財)一宮地場産業ファッションデザインセンター
一宮市大和町馬引字南正亀4-1
TEL:0586-46-1361 FAX:0586-44-7455