トップページ > プロモーション事業 > Bishu Material Exhibition

プロモーション事業


2022 Spring&Summer Bishu Material Exhibition開催レポート


会期 令和3年4月13日(火)~15日(木)
<開催時間>
4月13日 13:00~18:00
  14日 9:30~18:00
  15日 9:30~16:00
(最終入場は各日会期終了時刻の 30分前)
会場 アキバ・スクエア
東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX2F
Tel:090-6356-0436(会期中のみ)

  


展覧会の様子




会期3日間で573名が来場、1社平均380点のサンプルリクエスト

 公益財団法人一宮地場産業ファッションデザインセンター(以下、「FDC」)は、4月13日から15日までの3日間、「2022 Spring & Summer Bishu Material Exhibition(以下、「BME」)」を東京都千代田区外神田のアキバ・スクエアで開催した。21回目となる今回のBMEには尾州産地のテキスタイルメーカー10社が参加し、約700点の新作とFDCが提携しているパリのネリーロディ社のトレンド情報を基に製作した開発素材130点を展示して商談を進めた。今回、新型コロナウイルス感染症対策として入場を事前予約制に変更し、また、前回(昨年10月)のBMEに続き、来場できない層をターゲットとした「Bishu Material Exhibition Online」を同時開催した。
 会期中の来場者は573名(リアルおよびオンライン展示会来場者数)となり、一昨年の春夏展の1,112名(昨年春夏展は新型コロナウイルス感染症対策により中止)の約半数となった。今回、新型コロナウイルス感染症対策として入場を原則事前予約制としたこともあり、リアル展示会の来場者数は454人にとどまったものの、出展企業からは、素材をリアルに見てもらえたことにより実りのある商談が行えたとの声が聞かれた。BME10社の合計サンプルリクエスト点数は延べ3,801点で、社数では延べ629社となった。人気素材の傾向としては、綿,麻といった天然素材やリサイクル,オーガニックといったエコ素材を使用したものが多かった。
 昨年10月のBMEより開始した「Bishu Material Exhibition Online」への来場者は全体の約2割であった。アキバ・スクエアでは、前回同様受付の非接触化をはじめ様々な感染防止策を行うことにより、ウィズコロナの時代に合わせた形で、尾州産地を広くPRできたのではないかと考えている。

<第21回 2022 SS BMEの来場者の内訳>
アパレル 小売 商社・問屋 その他 オンライン
1日目 53名 2名 51名 24名 52名 182名
2日目 49名 4名 90名 22名 31名 196名
3日目 84名 9名 55名 11名 36名 195名
186名 15名 196名 57名 119名 573名
32.5% 2.6% 34.2% 9.9% 20.8% 100.00%

<第21回 BMEのサンプルリクエスト状況>
アパレル 小売 商社・問屋 その他
社数 点数 社数 点数 社数 点数 社数 点数 社数 点数
1日目 70 457 1 6 84 658 0 0 155 1121
2日目 62 355 19 46 128 776 0 0 209 1177
3日目 124 663 51 291 88 539 2 10 265 1503
256 1475 71 343 300 1973 2 10 629 3801


開催レポート

 BME開催レポートダウンロード


Bishu Material Exhibition出展企業(10社) 

 出展企業一覧.pdf

お問い合わせ先

(公財)一宮地場産業ファッションデザインセンター
一宮市大和町馬引字南正亀4-1
TEL:0586-46-1361 FAX:0586-44-7455
土日祝を除く 9:00~17:00